FC2ブログ
コメントをいただいている方へ

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
特にコメントをいただいている方々、返事が遅くなって
申し訳ありません。

メールの設定不良で返信できないのと、
コメント返信機能を理解していない私の不徳の致すところです。

近日中には問題解決をしてお返事させていただきますので、
今しばらくご猶予下さい。

よろしくお願い申し上げます m(_ _)m


また、いただいたコメントを公開して、みんなで話しあう
場所にもしたいと思っています。

コメントをいただく際には、
コメントの公開 「可」「不可」 もお知らせ下さい。

よろしくお願い申し上げます。


スポンサーサイト



【目指すのは大規模インフラに頼らない住宅】
モンゴルや中国、ロシア、カザフなど、
開発途上国の都市化における危機的状況とは、
単純消費型生活スタイルによる空気汚染と水質汚染、
そしてゴミ汚染です。

今までであれば都市のインフラ整備を早急に進める・・・、
といったことになるのですが、
そういった「巨大施設的距離に頼る巨大インフラ整備の時代」
は過ぎたのではないでしょうか。

今までのような距離に比例する極端に低効率な都市インフラ整備は、
地球温暖化対策に反する行為であると考えます。

徒然草にあるような、モンゴルのゲルの見るような、
移動する施設と共に必要性能(光、水、熱)も一緒に移動すれば、
大変な効率化が図れると思います。

すなわち「インフラフリー」と言った考え方です。

それぞれの住宅に、エネルギーの生産からゴミの処理まで全てを
完結しうる性能を持たせることができれば、途上国の発展に伴う
様々な障害(資金、環境汚染、時間、様々ないさかい等)も減少
すると思います。

それを可能にする技術がエクセルギー技術であると私は考えます。



【モンゴル専用のエコ住宅とは】
身近にある材料、エネルギーの高度利用と低炭素化社会の実現による、
自然環境の保持を可能にした住宅であること


【都市部のためのプロトタイプ性能と条件】
断熱性、防犯性、移動性、短時間、費用効率、移動性、少種素材、
暖房機器、調理熱源
    
産物利用とエクセルギー技術の応用

                  
【熟考すべき事】
☆ 地下資源の際限ない採掘
☆ 自然素材の際限ない伐採
☆ 資源、ゴミ燃焼による際限ない炭素排出


【アイデア】
☆ 環境に負荷をかけない、自然に戻る素材の利用
☆ 住宅の骨組みは、世界中で捨てられるコンテナ(鉄)を利用
   新たな素材を作り出す必要が無く、炭素発生無し。


【目指すもの】
スティール製コンテナと炭化ストーブや発酵熱に依る、
ローエクセルギー的暖房熱源と調理熱源を有する住宅