FC2ブログ
見上げればそこに星空が・・・

日本人宇宙飛行士、野口聡一さんと山崎直子さんの二名が、
現在国際宇宙ステーションに滞在しています。
お二人は今、地上を離れ、私たちの住む地球を宇宙から客観的に
眺められる場所にいます。

私は子供の頃から星が好きで、大人になった今でも星をたくさん
見ることのできる場所が好きです。
特に空気の透明度が増す冬場、都市部の明かりが届かず、
人工照明もほとんどない山間部を車で走行しているとき。
何もない場所に車を止め、キリリと冷えた大気のもとで見上げる星空の、
ただ、いまそこにあるだけの光の存在を感じることが大好きです。

お二人の目に、この地球はどのように映っているのでしょうか・・・。
数多の生命をその上に生存させている、この奇跡の星の姿は、
宇宙からどのように見えるのでしょうか・・・。
たった一つの地球・・・、その姿をこの目で見ること、
その存在を感じることが、子供の頃からの夢です。


モンゴルの大草原には、
今の日本では見ることのできない満天の星空が、今でも広がっています。
澄んだ空気とあるがままの自然が、
夜空に輝く星々の存在を教えてくれます。

宇宙からみればたった一つの地球、
その同じ地球の上にいるのに、
日本では見ることのできない星空・・・。

その星空の存在が、モンゴルを愛する理由の一つです。


しかし、モンゴルにおいても、大気汚染が夜空に輝く星々の存在を
かき消そうとしている地域があります。
石炭や薪の燃焼に伴う大量の煙が、澄んだ空気を濁しています。

しかし、石炭や薪を燃やすことで得られる暖かさは、
人々が厳しい寒さの中で生きていく上で必要不可欠です。
また、現在のモンゴルから、
石炭や薪という燃料をすぐになくすことはできません。

そこで、私たちの計画しているエコ住宅には、
石炭や薪を燃やしても煙をほとんど出さない、無煙化技術を採用した
暖房装置の設置を予定しています。
今のところ一般家庭用の小型装置は販売されていませんが、
同装置を製造しているメーカーの協力により、
新しい装置の開発を模索しています。


安心して生活できる住居の普及と、住んだ大気を汚さない生活の仕組み・・・。

この両面を満たすことのできる住居を、モンゴル国のエコ建築として
普及させることが、モンゴルの夜空に輝く満天の星空を守ることにつながると同時に、
地球全体の環境保全にも役立つと考えています。

大好きな星空の見える環境を守るために・・・、
さらに知恵を絞っていきます。

最後までお読みいただきありがとう。



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ecomongol.blog123.fc2.com/tb.php/13-3042909e